日本法規情報「債務整理サポート」

ブラックリスト カード 審査

ネットではよくブラックリストに登録されていても
カード審査に通ったなどといった意見も見られますが、まずありえません。

カード会社は必ず審査では信用情報を確認して
ここで金融事故を起こしてブラックリストになっているかを見ます。

そこで返済能力がないと判断すれば審査では落とします。

では、何故ブラックでも審査に通ったなどという話が出回っているかといえば、
これは審査が不要なデビットカードなどを作ったり、
実際はブラックではなかったといったものです。

実は支払いを数回延滞したぐらいではブラックリストに載ることはなく、
ブラックでも審査に通ったと言う人は大体単純に思い込んでいるだけです。

この場合、支払いの延滞を過去にしていても既に返済完了していて、
このような人はプチブラックやブラック予備軍と言われていて、
後何度か事故を起こすとリストに載る人です。

数日間や数回程度の延滞ならなることはないですが、
これが3ヶ月以上続いたりまたは延滞を何回も続けていると
ブラックリスト入りとなります。
 

ブラックリスト カード 更新

クレジットカード更新では、最初の申込と同じく審査を行いますが、
この時にブラックリストに登録されていると審査に落ちる可能性が高いです。

更新ときに審査をしますが、
この時に3ヶ月以上の返済遅れがあると
個人信用情報機関に「異動情報」(事故情報)として登録されるので
ブラックリストになります。

ブラック状態は新規の申込や更新でも
大きなネガティブ情報となるため審査は通らないと言えます。

では3ヶ月以上の延滞がなければ大丈夫かといえばそうでもなく、
1ヶ月ぐらいのカード返済の遅れも何度も繰り返すと
カード利用代金未払い状態が増えてきて、
カード会社には膨大な顧客データベースがあり、
それを分析すると延滞を何回も繰り返すと
何ヶ月後に未払い状態となるとの傾向が導きだされます。

また、他社との取引で問題がある場合でも更新で拒否される可能性もあり、
個人信用情報会社には、様々な業者との取引記録が掲載されていて
他社のカードの取引も閲覧できます。

例えば別によく使っているカードで金融事故を起こしていると、
あまり使ってないカード会社は情報を見て返済能力が無いと判断して
リスクを避けるために更新を拒否します。
 

ブラックリスト クレジットカード 使えない

ブラックリストに載ると、原則新規の借入は出来なくなるので、
クレジットカード使えないですし、新規に作成することも出来なくなります。

全く使ってないクレジットカードがあっても、
更新の時にブラックリストに載ったことはわかるため
強制的に解約になる可能性もあります。

勿論銀行ローンなども組めません。

ただ、ブラックリストの情報は金融機関と本人以外は見られないので、
載ったことを第三者へ知られる心配はないです。

載ってもクレジットカードやローンは使えませんが、
日常生活には影響はないです。

一度ブラックリストに載るとずっと残るのかと思いますが、
実はそうではなくて延滞だと1年から5年、
任意整理は5年、自己破産だと5年から10年で削除されます。

クレジットカード使えない、ローンも組めないと不便ではありますが
手元にあるお金で生活をしていく必要があり、
前よりも金銭面に関して計画性が出てくる場合もあります。

社会的な信用を失うわけでもないのでそこまで不安になる必要はないです。
 


司法書士法人杉山事務所 借金減額の相談申込み

 

ご挨拶

サイト管理人のカナコです。
独身時代、法律事務所に勤務していました。
債務整理のご相談を主に扱っていました。
もっと早くにご相談いただければ・・・、と思うことも多々。
もどかしい思いもしました。
そのときの経験も踏まえて債務整理についてまとめてみました。
お役に立てれば幸いです。


エストリーガルオフィス

【司法書士法人杉山事務所】
© 2022 債務整理メモ rss