エストリーガルオフィス

任意整理後 住宅ローン

任意整理後は、信用情報機関の事故情報が消えるまでは住宅ローンの申し込みは出来ません。

事故情報が登録されるとブラックリストになるため住宅ローンに申し込んでもまず審査に通りません。
ただ、事故情報はずっと残るわけではなく一定期間が過ぎると削除され、一般的に完済してから5年から10年です。

事故情報が消えれば新規に申し込んでも審査に通りやすくなります。
とはいえ、審査の基準はローン会社で違うので情報が消えたからと言っても、必ずしも審査に通るわけではないです。

任意整理後なら事故情報が消えればローンが組めることもありますが、任意整理中だと申し込んでも審査に落ちます。

審査では必ず信用情報機関を確認するので住宅ローン以外にもクレジットカードの申し込みや、賃貸契約なども出来なくなります。

比較的審査が優しいと言われている労金も、審査はあるので事故情報が消えてから申し込んだ方がいいです。
 

任意整理後 払えない

任意整理後に、様々な事情から借金の返済が払えない場合は、まずは依頼している事務所へ相談します。

ここで遅れをどう解消するかや、債権者へ少し待ってもらえるように交渉などをしてもらえます。
既に辞任や契約が終わっていて自分で返済しているときは新しく事務所を探します。

毎月返済出来る状況に収支が回復しているなら、再和解をして返済を再開しますが、再和解して再度支払いを始めてもそこまで楽にはなりません。

返済が楽にならない、難しいなら個人再生・自己破産など別の方法を選んだほうがいいです。

任意整理をしても返済が難しくなって支払いが止まる、再度返済をしたい時には、再和解が出来ます。

任意整理をして延滞をすると大体の会社は2ヶ月分の滞納で一括請求となります。

一括請求になると完済するまで遅延損害金が発生します。

再び、返済を再開するときは遅延損害金が発生したままだと、返済しても債務が減らなくなるので再和解をして今後発生する遅延損害金をカットしてもらいます。
 

任意整理後 自己破産

任意整理は残っている借金の将来の利息をカットし、分割払いで返済をします。

和解が成立すると約3年(長くて5年)で毎月決まった金額を支払います。

ただ、支払い期間中に病気や事故などで仕事が出来なくなったり、生活環境が変わったりして毎月の返済が難しくなることも多いです。

任意整理後に支払いが出来なくなったときには、自己破産の手続へ移行することも出来ます。
任意整理の支払いが滞れると業者が裁判を起こす可能性もあるので、早めに弁護士などへ相談したほうがいいです。

任意整理後に2ヶ月分の返済が遅れると一括返済の請求がきます。

まずは任意整理を依頼した弁護士・司法書士に相談し、手続の内容・借金の原因・家計状況などがわかっているので自己破産への移行もスムーズに行いやすいです。

既に依頼した事務所を辞任していたり、業務が終って手続きが出来ないときは新たに探さないといけません。

返済が出来ないからと言ってそのまま放置するのが最も駄目なので、早めの相談が大事です。
 


日本法規情報「債務整理サポート」

 

ご挨拶

サイト管理人のカナコです。
独身時代、法律事務所に勤務していました。
債務整理のご相談を主に扱っていました。
もっと早くにご相談いただければ・・・、と思うことも多々。
もどかしい思いもしました。
そのときの経験も踏まえて債務整理についてまとめてみました。
お役に立てれば幸いです。


エストリーガルオフィス

【司法書士法人杉山事務所】
© 2022 債務整理メモ rss