Duelパートナー法律事務所

任意整理 ブラックリスト

任意整理は債務整理の一つです。
このため、これを行うと、基本的にはブラックリストに入ってしまうと考えてください。

このブラックリストですが、ブラックリストというものが実際にある訳ではなく、
信用情報に大きな問題がある場合に、ブラックリストに入っていると表現されます。

ブラックリストは債務整理の他に、何かの支払いを3ヶ月以上延滞したり、
頻繁に返済の遅延を行った場合にも、それに入っていると判断されることがあります。

ブラックリスト入りをすると、信用情報からその人は信用できないので、
とてもお金は貸せないと判断されている状態になっています。

任意整理の場合、それによって残った借金を返済している間はもちろん、
及びそれを完済してからも約5年間はブラックリストに入った状態のままです。

これは、信用情報には直近の約5年間の記録がある為で、
その後に1年以上経過すれば、小口の融資であれば受けられないこともありませんが、
大手の利用はまず無理だと思ってください。

手持ちのクレジットカードがあったとしても、しばらくは利用できなくなります。
 

任意整理 ブラックリスト 載らない

銀行や信販会社・消費者金融等、所謂クレサラなどから
多額の借金や複数の会社から借金をしている人や会社がいます。

また、知人や会社の借金の連帯保証人になって借金を負わされた人もいると思います。

いずれも返済しなければならない借金ですが、
返済するには膨大な時間や過重な労働を強いられることになり、
簡単には返済ができる状態ではない人たちがいます。

しかし、だからと言って自己破産や民事再生等の法的整理をする程の金額でもなかったり、
信念として借りたものは返したいと思っている人もいます。

そのような人には、任意整理で借金の整理をすることを検討しても良いかも知れません。

任意整理は法的な債務整理とは違い、あくまでも私的な整理です。

法律で決められたルールとは違います。

債務者と債権者がお互いに話し合いを繰り返し、
お互いに納得のいく内容で借金の返済方法を決めることです。

元金や金利を免除してもらったり、返済を据え置いてもらったりと、
お互いの合意の中で借金を整理することです。

債務者として債権者と精神誠意接することで和解し、
返済条件を変更しますのでブラックリストに載らない可能性もあります。

色々な事情で法的整理ができない人には、任意整理がおすすめです。
 

任意整理 ブラックリスト 消える

任意整理は債務整理の一つですが、個人再生や自己破産と異なり、
必ずブラックリスト入りする、とまでは言えません。

債務整理は借入先ごとに行うものなので、
その対象になった業者からすると、そのような人は当然ブラック扱いと考えますが、
同時に借入を行っていて、きちんと返済を守っている他社もあったとすると、
そちらがどう考えるかはその業者によります。

他社であろうと任意整理を行うような人は信用できないので、
残りの借入残高の一括返済を求めてくることもあれば、
今のままの返済を続けることができる場合もあり、正にケースバイケースです。

この任意整理を行ったという記録が信用情報より消えるのは、
それによって減額された残りの返済を終えてから約5年後になります。

その間には新規の借入先との契約や追加での融資が受けられなかったり、
手持ちのクレジットカードが利用できないといったことが起こる可能性がありますが、
裁判所を通して行う他の債務整理より緩い対応になるのは間違いなく、
この手段で借金問題が解決できればそれが一番です。
 


アヴァンス法務事務所 債務整理

 

ご挨拶

サイト管理人のカナコです。
独身時代、法律事務所に勤務していました。
債務整理のご相談を主に扱っていました。
もっと早くにご相談いただければ・・・、と思うことも多々。
もどかしい思いもしました。
そのときの経験も踏まえて債務整理についてまとめてみました。
お役に立てれば幸いです。


エストリーガルオフィス

【司法書士法人杉山事務所】
© 2021 債務整理メモ rss