アヴァンス法務事務所 債務整理

債務整理 弁護士費用 相場

債務整理を依頼した時の弁護士費用相場は、債務の方法で違います。

任意整理は大体5万円から10万円で、着手金と報酬で借入先1件あたりの金額です。
任意整理だと裁判所を介さずに行えて手続も簡単で比較的リーズナブルで行えます。
整理する借金も借入先ごとに選べますが、複数の借入先へ整理をすると費用も上がります。

例えば4社に任意整理をするとコストも4倍になりますが、一度に纏めて依頼すると割安になることも多いです。

個人再生は裁判所への支払いが17万円から30万円、弁護士費用が20万円から50万円で、大体30万円から80万円相場です。
裁判所を介して大幅な減額などをするので裁判所に支払うお金もかかります。

裁判所へは申立て手数料が1万円ほど、官報掲載料が1万円ほど、郵便切手代が5千円ほどで、個人再生委員会の報酬が15万円から25万ほどです。

自己破産の費用は、裁判所が10万円から50万円、弁護士費用が20万円から50万円で、費用相場30万円から100万円ぐらいです。
 

債務整理 弁護士費用 分割

債務整理弁護士費用は、一括払いが難しい場合は分割にも出来ます。
これは弁護士事務所で違うので、まずは分割払いに対応しているか確認したほうがいいです。

分割払いの回数は大体12回で通常は1年以内に費用を完済します。
ただ、これはあくまで目安で上限回数はは弁護士で違います。

法テラスの立て替え制度だと依頼費用は月々5,000円ずつ返済していきます。

依頼費用の相場が固定されている個人再生と自己破産だと月々の支払額も変わり、個人再生だと12回払いだと月々の支払は約3~5万円、自己破産では約2~3万円です。

任意整理と過払い金請求は債権者数で費用が違いますが、実際の費用の合計金額を分割回数で割ると月々の支払額の目安がわかります。

ちなみに個人再生や自己破産は裁判所を介して行うので裁判所の費用が別に発生しますが、これは一括払いのみです。

裁判所の費用は約3万円で、自己破産は出頭費用で1回につき1万円かかります。

法テラスの民事法律扶助制度を利用しても、基本的に裁判所費用は一括で支払います。
 

債務整理 弁護士費用 遅れる

債務整理弁護士費用は、相談するときに支払い方法も話しあってから決めるため支払いが難しくなることは少ないです。
ただ、病気になったりと不慮の出費があると支払いが難しくなって返済が遅れることもあります。

返済が遅れるときには弁護士へ連絡をして、遅れるから待って欲しいと伝えるか、支払いが難しい時は月額の支払額の引き下げなどを相談したほうがいいです。
事情があれば弁護士もきちんと対応をしてくれます。

返済が出来ないからと言って急に連絡しないで滞納をする、音信普通になるなどは駄目で、最悪の場合になると弁護士が辞任して再び金融業者からの督促を受けます。
そんな事態を避けるために誠意をもって対応することが必要です。

借金があると債務整理をしても弁護士費用が支払いが出来るか不安ですが、実際は問題なく支払いが出来ることが多いです。

これは、弁護士に依頼したら借金の請求が来なくなることや、返済に充てていた金額の一部を費用に回せる、債務整理の費用は返済金額より安いので手元にお金が残るからです。
 


【アストレックス司法書士事務所】

 

ご挨拶

サイト管理人のカナコです。
独身時代、法律事務所に勤務していました。
債務整理のご相談を主に扱っていました。
もっと早くにご相談いただければ・・・、と思うことも多々。
もどかしい思いもしました。
そのときの経験も踏まえて債務整理についてまとめてみました。
お役に立てれば幸いです。


司法書士法人杉山事務所 借金減額の相談申込み


アヴァンス法務事務所 債務整理

© 2022 債務整理メモ rss