Duelパートナー法律事務所

個人再生 クレジットカード 残す

個人再生をしてもクレジットカードを残すことは出来るのでしょうか。

実際には、個人再生をすると、使えるクレジットカードを残すのは難しいです。

裁判所を通した債務整理の一つが個人再生で、借金の利息免除と元本の減額が出来るのがメリットです。

ただ、個人再生は「債権者平等の原則」に基づいていて全ての借金が対象になり、
複数のカード会社から借りていて手続きをすると、全ての利息免除と元本圧縮の対象になるので
クレジットカードを一部だけ残すことは出来ません。

例えば、あるクレジットカードは使っていて、別のもう1枚は全く使ってなくても、
個人再生をすると個人信用情報へ事故として登録されてしまいブラックリストになるので、
どちらも使えなくなります。

クレジットカードは発行するときだけでなく、途上与信という更新のタイミングなど一定期間で、
このままカードを使わせても良いかという審査をしてます。

個人再生をしてブラックリストにのると、途上与信でカード会社へ行ったことがわかるので
使ってなくても契約を打ち切りにされることが高いです。

個人再生 クレジットカード 家族カード

でも、安心してください。

家族カードは残せます。

個人再生をお考えの方は、クレジットカードが全くなくなったら不便だ、困る!とお考えかとおもいます。

家族カード(家族名義のクレジットカード)はその影響をうけず、使用できます。

債務整理の対象は当然ご本人ですから、ご家族は影響をうけません。

債務が多くあり、でも完済はしたいが利息で手一杯。

そんな方は、一度弁護士や司法書士さんに相談をしてみてはいかがでしょうか?

ご自身の疑問も解決してもらえますし、なにより安心感や、前向きな気持ちになることができます。

不安な気持ちを抱えたままですと、なかなか行動も前に進んでいきません。

ご家族と相談して最低限の生活基準を維持したまま返済に全力を注ぐことができます。

今の時代クレジットカードなしでの生活はとても不便ですが、
家族カードを利用し不便さなく生活しながらご返済をしていくことをおすすめします。

個人再生 クレジットカード作り方

では、個人再生(民事再生)をした方は、クレジットカードを作りたいと考えたとき、
いつから作れるようになるのでしょうか。

個人再生の場合、弁護士や行政書士等を通じ規定の支払いが終えて、
5年以上経過しない作れません。

信販会社によっては5年以上経過しても作れない事もあります。
銀行系のカードは もっと厳しいですね。

信用回復まで相当数の年数が必要です。

チャージ型のカードでVISAやMasterの記載がある物は、クレカ扱いなので使えるお店は多いです。

まずは、そこから始めてみてはいかがでしょうか。

また、クレジットカードの申込みで審査落ちになったら、半年は期間あけて申し込みを行う様にしてみて下さい。

続けて色々なところに手当り次第申し込むのは、逆効果です。

お金に困っているわけではないということを印象付けないといけません。


アヴァンス法務事務所 債務整理

 

ご挨拶

サイト管理人のカナコです。
独身時代、法律事務所に勤務していました。
債務整理のご相談を主に扱っていました。
もっと早くにご相談いただければ・・・、と思うことも多々。
もどかしい思いもしました。
そのときの経験も踏まえて債務整理についてまとめてみました。
お役に立てれば幸いです。


エストリーガルオフィス

【司法書士法人杉山事務所】
© 2021 債務整理メモ rss