Duelパートナー法律事務所

個人再生 クレジットカード 支払い

個人再生をするとクレジットカードは使えなくなり、その後一定期間は作ることが出来なくなります。

返済に困って個人再生をすると、
手続きを始めたときからクレジットカードは強制的に解約になるため
カードを使っての支払いも出来なくなります

個人再生だと、原則全ての債務が手続きの対象になります。

クレジットカードは一時的にカード会社が立て替えて
後から契約者へその分を請求する仕組みのため、使ったときに借金となっています。

カードの分割払いやリボ払いは借金と考える人は多いですが、
実は一括払いや光熱費などの支払いでもカード払いは借金です。

ですので、個人再生をすると新たな借金は出来ないため、カードの利用も認められず、
開始したことを知るとカード会社は利用規約に基づき強制解約をします。

また、カード会社は受任通知を受けると信用情報機関へ報告し、
この機関は本人の信用情報へ事故として登録します。

信用情報はカードなどを申し込むときに審査するために金融機関が確認する個人情報で、
カードなどの申し込みや借入、返済状況などが掲載されていて、
ここに事故として登録されると審査にも通らなくなります。

これが一般的にブラックリストに載ることで、
この事故情報は約5年から10年でこの機関は新規にカードを作ることは出来ません

個人再生 クレジットカード 家族カード

クレジットカードには家族カードがあります。

これは契約者の家族向けにそれぞれ発行するカードのことで、クレジットカードを共有することになります。

ここで気になるのは個人再生をした場合に家族カードが使えるかどうかで、
契約者が個人再生をしたら当然ですがカードは使えなくなります

逆に、契約者でない家族が個人再生をしたときには、カードは引き続き使うことは出来ます。

あくまで契約者が申し立てをするかで、家族カードが使えるかどうかが決まってきます。

ただし、契約者以外の家族が個人再生をしても、
カード会社が信用力で問題があると判断すると、契約者のカードも使えなくなるかもしれません。

家族カードだと他の使っている人にも影響が出てくるので、
それを防ぐには各個人でクレジットカードを作るなどの対策も必要です。

もし、家族カードしかなくそれを使えなくなったときには、
審査がないデビットカードを作って利用することは出来ます。

個人再生 クレジットカード 審査

個人再生後はクレジットカードの審査に通るのは難しいです。

個人再生は借金を減額する方法なので、
これを行うと新しいクレジットカードを作るときには審査に通るのは難しくなります。

これは、個人再生をすると個人信用情報機関に事故登録されるためで、
これは銀行や信販会社、カード会社などが登録する情報機関で、
利用者の情報を共有していてここから利用者の情報を確認して、
事故情報(返済の滞納・任意整理・個人再生・自己破産などの債務整理)を行ったかどうかを見ます。

事故登録の掲載期間は、裁判所で個人再生が認められてから5年間
全国銀行個人信用情報センターKSCだと最長で10年間は残ります。

また、個人信用情報機関の事故登録は、全ての情報を事故登録として掲載しているのではなく、
ある程度の条件があり、金融機関に不利益な行動をしていても審査では確認出来ないこともあります。

そこで、カード会社は自社で独自の事故登録の情報リストを作成し、
これを元にして利用者の調査を行い審査をしています。


アヴァンス法務事務所 債務整理

 

ご挨拶

サイト管理人のカナコです。
独身時代、法律事務所に勤務していました。
債務整理のご相談を主に扱っていました。
もっと早くにご相談いただければ・・・、と思うことも多々。
もどかしい思いもしました。
そのときの経験も踏まえて債務整理についてまとめてみました。
お役に立てれば幸いです。


エストリーガルオフィス

【司法書士法人杉山事務所】
© 2021 債務整理メモ rss